FXトレード日記

【2020年4月】FXはコロナ相場でも安定的に稼げる!今月は月利10%以上の大勝利!

FXで勝てるようになった瞬間、上から目線で話すようになったクズトレーダー、アオです。

今年から約1年の間、アオのトレード結果を公開していきます。ネットによくいる詐欺師との違いを見せつけていきます。

それでは今月のトレード結果を発表していきます。勝ちトレーダーのチャート分析、トレード日記の付け方が分かる貴重な記事です。万年負けトレーダーの皆さんはぜひ参考にしてください。

合わせて読むといいかもコーナー
  • 【アオのトレード手法】マイルール&トレードチェックリストを大公開。
  • 3年間のアオの努力の軌跡大公開。一人でこれだけの量、頑張ったで!
  • 【アオのトレード手法】マイルール&トレードチェックリストを大公開。
  • 【特典あり】まだ口座開設で消耗しているの?アオのおすすめはDMMFX使ってるで!
  • 【アオのFX教室】アオ先生、トレード教室始めましたーーーーーー!

4月トレード結果(3月30日~4月29日まで)


(参照:DMMFX)

軍資金 30万~60万
トレード数 9回
勝ちトレード 5回
負けトレード 4回
総利益/平均利益 50720円/10144円
総損失/平均損失 6140円/1535円
総合利益/月利 44580円/月利7~15%

※今月は時間に余裕があったので、H5~H1を使用したデイトレードになっています。
※3月オーバートレードをしてしまったため、1ヶ月の間(4月12日まで)トレードを休んでいます。
※四月途中、軍資金を30万増やしました。

エントリー根拠&反省

時系列に並べようと思ったが、上手くできず。すまん。さらに2トレードぶん、どこでエントリー&イグジットしたのか忘れてしまった。(悪い例です。みなさん真似しないで)

分かる範囲で、各トレードのエントリー根拠と反省を簡単にしていきます。

エントリー1

上位足持ち合いの中の小さなトレンド。三角持ち合い下ブレイクでエントリーしてみたものの、20MA付近でごちゃついたので、損切り。

早めの損切りを決断したところが良かったが、エントリーポイントが悪い点は反省するべき。改善点としては下位足でエントリーするか、エントリー自体をスルーするべきだった。

-3pips

エントリー2

上位足一致。持ち合い下ブレイクでエントリー。大きく含み益が出ているし75、200の乖離幅が広がっていたので、75MAタッチまで伸ばして利確。

ナイストレード。

+56pips

エントリー3

エントリー2で利確した後、さらに下落。三角持ち合い下ブレイクで再エントリー。大きく伸びたので、75MAタッチでイグジット。

ナイストレード。

+40pips

エントリー4

上位足一致。エントリーしてすぐ20MAでごちゃついていたので一度逃げてもよかった。今回は少し待ってみたところ、大きく下落した。75MAタッチでイグジット。

ナイストレード

+40pips

エントリー5、エントリー6

エントリー5

上位足一致。エントリーのタイミングが遅れた(バイトに行っていたため)が、大きな下落が期待できそうな部分だったので、エントリー。75MAタッチでイグジット。

+21pips

エントリー6

持ち合い下抜けでエントリー。20MA割れで損ぎり。

ー4pips

エントリー7

上位足不一致(大きな持ち合い)三角持ち合い下抜けでエントリー。大陽線で20MA割れでロスカットタッチして損切り。ロスカットを直近高値の上に移動させておいたので、大きな損失は回避できた。

上位足持ち合いである場合、トレードしても利益が狙いないねー。急激な反発が怖い。今回はそれらを想定して、ロスカット移動をしていたから良かったが、今後エントリーは避ける方向でいきたい。

-4pips

今月のトレード反省&振り返り

リスクを取らなすぎかな?

2%管理法を採用しているけど、2%でロスカットされることは滅多にない。総損失額を最大ドローダウンと考えても、総資産の1~2%付近でキープしている。来月は1トレードあたりのリスクを上げてトレードしていきたい。

リスクを上げる作戦1

5分足、15分足でロットの大きさを変更する。5分足の場合、ロスカットが10pips程度になるので、15分足より大きなリスクを取ることができる。

リスクを上げる作戦2

2%管理法から3%管理法に資金管理を変更する。

短い足ほど、ノイズがしんどい。

短い足になればなるほど、ノイズが大きくなる。20MAで損切りさせられたり、逆行する確率が大きくなるので、できるかぎり長い時間足(デイトレードなら15分足)でトレードしていきたい。

毎日、経済指標もチェックしてトレードする必要がある。

5分足、15分足にこだわる必要がない。

エントリーしやすい時間足でトレードするのが一番。どちらの時間足でも、基本的にH1のトレンドフォローを狙うのが確実である。例外的にH1を無視してトレードして良いときもある。(上位足一致していないけど、現在足大チャンスパターン)

まとめ

今月はトレードの調子が良かった。普段はもう少しパフォーマンスが悪い。

良いトレードができた翌月は、お約束と言っていいほど調子に乗って損をしてきたので、来月はロットを上げたり通貨ペアを増やしたりせず、謙虚にトレードしていきたい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です